Chrome系ブラウザでプライベートウィンドウを立ち上げる方法(Vivaldiなど)

当サイトとはサーバの情報サイトですがサーバー引っ越しにさいにIPを切り替える場面があるため、その時のコツとなるプライベートウィンドウの立ち上げ方を説明します。

まず第一にプライベートウィンドウとはなにかを説明します。

プライベートウィンドウとは(IP切り替えに便利な理由)

閲覧履歴、Cookie とサイトのデータ、フォームへの入力情報は保存されません。
ダウンロードしたファイルと作成したブックマークは保持されます。
アクセス先のウェブサイト、雇用主、学校、ご利用のインターネット サービス プロバイダには、閲覧内容を知られる可能性があります。(Google Chromeの説明

プライベートブラウジングは、パスワード、Cookie、閲覧履歴といったブラウジングの情報を自動的に消去し、セッションを終了すると追跡されないようにします。Firefox は、コンテンツブロッキング 機能を備えており、隠れたトラッカーが複数のサイトをまたいでデータを収集したり、ブラウジングを遅くしたりすることを防ぎます。(FireFoxの説明

DuckDuckGoとのコラボレーションにより、よりプライベートな検索をご提供します。このアップデートにより、Vivaldiはデフォルトでプライベートサーチを提供する世界初のブラウザーとなります。プライベートウィンドウ使用時専用のデフォルト検索エンジンを設定することができます。 他のブラウザーと異なり、Vivaldiでプライベートウィンドウを開くと、デフォルト検索エンジンとしてDuckDuckGoが設定されていますよね。DuckDuckGoで検索すると、検索履歴は追跡されません。(Vivaldiの説明)

 

このようにプライベートウィンドウでは検索した履歴を(ブラウジングを切った時点で)クリアできるのが特徴であり、つまりプライベートウィンドウを立ち上げた時点でも元のブラウザのクッキーを引き継ぎません。ここからはサーバーのための説明ですがそのためhostsの設定でIPを変えた場合にプライベートウィンドウで開けばさっきまで見ていたIPではなく切り替えたIPのサイトを開くことが出来ます。

プライベートウィンドウの立ち上げ方

Google Chromeの場合

右上の・が縦に3つならんだところをクリックすると「シークレットウィンドウを開く」というメニューがあります。

Vivaldiの場合

メニューバー(文字のメニューが並んでいる)の場合はファイル>新しいプライベートウィンドウで開けます。Vivaldiボタンの場合はボタンをクリックしてからファイル>新しいプライベートウィンドウで開けます。

プライベートウィンドウがサーバー移行に役立つ点

プライベートウィンドウは元もブラウザのキャッシュやクッキーを引き継がないと同時に、ブックマークとパスワードは引き継ぎます。

つまりIPを切り替えた時に新しいサイトをIDやパスワード入力なしに開けます。

完璧ですよね笑

プライベートウィンドウはサーバーの引っ越しにめちゃくちゃ使えるのがわかると思います。

hostsファイルでIPを切り替えた時はプライベートウィンドウでサイトを切り替えましょう。

これにより新規サイトで新しいWordPressをインストールする際、IDもパスワードも自動入力でインストール出来ます。特にサイトの数が多いとめちゃくちゃ楽になるので覚えておいて下さい。

 

–NEXT PAGE–

さくらのレンタルサーバーを使っていない場合は。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)